QUESTROOM テレワークサイト

クエストルーム株式会社が提案する使い心地の良いテレワーク向けリフォーム

QUESTROOM テレワークサイト

クエストルーム株式会社が提案する使い心地の良いテレワーク向けリフォーム

テレワークの為の快適なワークスペース作りを徹底解説!

働き方が変わりつつある今、ご自宅でのテレワークに移行する方も増えてきました。しかし、環境によっては「自分専用の個室がない」「家族との共有スペースで仕事がしたい」という方も多いと思います。このページでは、限られたスペースを最大限に活用しながら、プライバシーと集中力を確保できるリフォームのアイデアを紹介します。

テレワークを行う上で、快適なワークスペースを作ることはとても重要です。デスク周りの整理整頓、快適な椅子と机の選び方、照明の確保、環境音の対策、休憩スペースの確保など、様々なポイントがあります。また、リビングの一角、押入れ、ウォークインクローゼットをリフォームすることで、より快適なテレワークスペースを作ることもできます。自分に合ったワークスペースを作り上げ、快適なテレワークを実現しましょう。

ポイント1 快適な椅子と机の選び方

椅子に求められる機能

まず、椅子についてです。快適な椅子の特徴は、以下のようなものが挙げられます。

・背もたれがあって腰を支えられるもの ・高さが調整できるもの ・肘掛けがあるもの ・足を床につけられる高さのもの

これらの機能が揃った椅子は、姿勢を正しく保ち、長時間の作業にも適しています。また、クッション性のある座面や、メッシュ素材の通気性の良い背もたれなど、快適性を追求した機能も人気です。

快適な作業をするための机とは

次に、机についてです。快適な机の特徴は、以下のようなものが挙げられます。

・適度な高さと広さがあるもの

・デスクトップの角が丸くなっているもの

・収納スペースがあるもの

高さや広さは、自分の身長や作業スタイルに合わせて調整できるものが理想的です。また、デスクトップの角が丸くなっていることで、手首や肘を痛めることなく作業できます。収納スペースがあるものは、書類や文房具などを整理し、スペースを有効に活用することができます。

椅子や机は、それぞれの体型や好みに合わせて選ぶことが大切です。また、テレワークの作業時間や環境に合わせて適切な機能を持ったものを選ぶことが、長時間の作業において快適性を保つために重要です。

ポイント2 照明の確保

まず、照明が不十分だと起こる問題には、以下のようなものが挙げられます。

・目の疲れやドライアイの発生 

・集中力の低下 

・作業効率の低下

 ・頭痛の発生

これらの問題を回避するためには、以下のような照明の工夫が有効です。

快適な照明を確保するために

  1. 照明の明るさを確保する 

    テレワークスペースの照明は、机の上に十分な明るさを確保するようにしましょう。明るすぎると目の疲れが生じることもあるため、適度な明るさを調整することが重要です。

  2. 自然光を取り入れる 

    自然光を取り入れることで、気分が明るくなり集中力が高まります。窓の近くにデスクを置いたり、ブラインドを調整するなどして、自然光を取り入れることを考えましょう。

  3. 照明器具の位置を工夫する 

    照明器具の位置を工夫することで、机の上に陰影が生じることを防ぎ、目の疲れを軽減することができます。天井から吊り下げるペンダントライトや、机の上に設置するデスクライトなどを活用し、照明の位置を調整することが重要です。

  4. 照明器具の種類を選ぶ 

    照明器具の種類には、LEDや電球、蛍光灯などがあります。これらの中で、目の負担が少なく省エネ効果も高いLED照明がオススメです。また、カラー温度や色のつやなども、快適性に影響を与えるため、適切な種類を選ぶことが大切です。

ポイント3 環境音の対策

環境音が生じる原因には、以下のようなものが挙げられます。

・外部からの騒音 ・同居人の音 ・電化製品の音 ・自然音

これらの環境音が集中力に与える影響は、個人差はありますが、以下のようなものが一般的です。

・集中力の低下 ・ストレスやイライラの増加 ・作業効率の低下

これらの問題を回避するためには、以下のような環境音の対策が有効です。

  1. 騒音源を排除する

    環境音の中でも、特に外部からの騒音が大きな問題となります。騒音源を確認し、可能であれば窓やドアの断熱対策などを行い、騒音を軽減することが重要です。

  2. ノイズキャンセリング機能を持つヘッドホンを活用する

    環境音が生じている場合には、ノイズキャンセリング機能を持つヘッドホンを活用することで、環境音をカットすることができます。ただし、長時間の使用や音量が大きすぎる場合は、耳への負担が大きくなるため注意が必要です。

  3. サウンドプロダクションを利用する

    環境音の中でも、自然音や雨音、波の音などはリラックス効果があるとされています。これらの音を取り入れたサウンドプロダクションを活用することで、集中力を高めることができます。

  4. 定期的な休憩を取る

    環境音にさらされた状態で長時間作業を続けると、ストレスやイライラがたまりやすくなります。そのため、定期的に休憩を取り、環境音から離れることで、集中力を回復することが大切です。

以上のように、環境音の対策をすることで、集中力を維持しストレスを軽減することができます。自分に合った環境音対策を選び、快適なテレワークスペースを実

ポイント4 適切な空調環境の整備

快適なテレワーク環境には、適切な温度と湿度が不可欠です。空調設備を整え、一年を通じて適切な温度と湿度を保つことが重要です。以下の工夫を取り入れましょう。

  • 冷暖房設備:エアコンやファンヒーターなど、季節に合わせた冷暖房設備を用意しましょう。
  • 換気:定期的に窓を開けて換気するか、換気扇を設置して空気の流れを良くしましょう。特に押入れやウォークインクローゼットなどの閉鎖的な空間では、換気が重要です。
  • 湿度調整:加湿器や除湿器を設置して、適切な湿度を保ちましょう。湿度が適切であれば、快適な環境で作業ができるだけでなく、健康面にも良い影響があります。

これらのポイントを取り入れることで、テレワークに適した快適な空調環境が整います。

テレワークを体験♪ 是非ショールームにお越しください

テレワーク向けのリフォームを実際に体験できるショールームがもう間もなくオープンします。

在宅勤務が一般化する現代、快適なテレワーク環境はますます重要です。ぜひ当社のショールームで、あなたにぴったりの働く空間を見つけてください。

 

(Visited 75 times, 1 visits today)